• HOME
  • 工 業
  • 農 林
  • 水 産
  • 食品加工
りんご研究所 Apple Research Institute
沿  革
-りんご研究所の歴史-

青森県のりんご栽培は、明治8年(1875年)に内務省勧業寮から交付された3本の苗木を、県庁構内に栽培したのが始まりです。さらにその後も、同寮から再三苗木の配布があり、約320本の苗木を栽培者に1,2本ずつ配布して今日のりんご産業の基礎が築かれました。

明治10年代の試作期を経て20年代から栽培が本格化しましたが、当時は粗放経営であったため、栽培管理も不十分で、病害虫に対してもほとんど無防除でした。明治30年代に入ると病害虫のまん延は著しく、廃園が続出する状態となりました。

当時の明治政府は主穀重点主義であったため、果樹栽培には政府の保護助成は得られず、りんご栽培は民間の努力によって支えられていました。しかし病害虫の発生は単に民間栽培者の経験だけではどうにもならないほど激しく、りんご栽培者は試験研究機関の必要性を痛感するようになりました。一方、政府もひとつの産業を形成している果樹栽培の病害虫の被害を傍観することができず、病害虫の試験研究機関が中央、地方を通じて創設されるに至りました。

 




昭和6年当時の青森県苹果試験場庁舎
(現在のりんご史料館)


 

明治44年(1911年) 旧黒石町郊外の県立農事試験場でりんご病害虫に関する本格的な試験研究に着手。
大正6年(1917年) 県農事試験場に苹果部として設立。
大正7年(1918年) 黒石町より土地2.5haの提供を受け、りんごに関する総合的な試験地を設置。
昭和6年(1931年) 地元黒石町及び生産者から土地、建物、施設の提供を受け、現在地にりんごに関する専門試験場を設置。青森県苹果試験場(昭和25年に青森県農業試験場りんご試験場と改称)として発足。
昭和28年(1953年) 昭和23年、同25年と数度にわたる試験研究機関の整備、廃止、統合を経て、青森県りんご試験場本場(黒石市)、南部支場(五戸町)となる。
昭和43年(1968年) 新庁舎落成。
昭和45年(1970年) 南部支場(五戸町)が青森県農業試験場園芸支場となり、昭和47年に同支場は青森県畑作園芸試験場果樹部となる。
昭和56年(1981年) 県農事試験場からの独立後、50周年を迎えた。青森県りんご試験場50年史発行。
平成10年(1998年) 青森県畑作園芸試験場果樹部(五戸町)が青森県りんご試験場県南果樹研究センターと改称。
平成15年(2003年) 本場が青森県農林総合研究センターりんご試験場と改称され、県南果樹研究センターは青森県農林総合研究センターりんご試験場県南果樹研究センターと改称。
平成21年(2009年) 県内の試験研究機関(工業、農業、水産、食品)が統合され、地方独立行政法人青森県産業技術センターとなる。それに伴い、りんご試験場はりんご研究所と改称され、県南果樹研究センターはりんご研究所県南果樹部に改称。

 

県南果樹部の沿革
明治45年(1912)3月 八戸町に農事試験場八戸分場設立。
大正11年(1922)3月 五戸町に移転、五戸分場と改称。
昭和13年(1938)4月 苹果試験場県南分場(名久井村)の設置に伴い、五戸分場りんご係を縮小。
昭和23年(1948)4月 五戸分場はりんご係は苹果試験場五戸りんご栽培普及農場となり農事試験場から分離、農事試五戸分場は農事試南部農事試験場と改称、苹果試県南分場(名久井村)を廃止。
昭和25年(1950)1月 苹果試五戸りんご栽培普及農場は農事試南部農事試験場りんご科となり統合。
昭和28年(1953)4月 農事試南部農事試験場を農事試南部支場と改称、りんご科はりんご試南部試験地として分離。
昭和34年(1959)4月 農事試験場南部支場を農業試験場五戸支場と改称、りんご試南部試験地はそのまま併立。
昭和36年(1961)4月 りんご試南部試験地をりんご試南部支場と改称、農試五戸支場はそのまま併立。
昭和45年(1970)4月 農試五戸支場とりんご試南部支場は統合して農試園芸支場となる。
昭和47年(1972)4月 園芸支場と古間木支場を合併して、畑作園芸試験場を設立、五戸は果樹部、六戸は園芸部となる。
昭和50年(1975)11月 五戸庁舎完成し、五戸町上新井田9から五戸町大字扇田字長下タ2に移転。
昭和63年(1988)4月 組織改正により総務室、畑作部、園芸部、果樹部、環境部の1室4部となる。
平成6年(1994)4月 組織改正により総務室、栽培部、作物改良部、果樹部、病虫肥料部の1室4部となる。
平成10年(1998)4月 組織改正により畑作園芸試験場の果樹部門を再編し、青森県りんご試験場県南果樹研究センターとなる。栽培育種部と病虫肥料部の2部となる。
平成15年(2003)4月 組織改正により青森県農林総合研究センターりんご試験場県南果樹研究センターとなり、部は廃止される。
平成21年(2009)4月 組織改正により地方独立行政法人青森県産業技術センターりんご研究所県南果樹部となる。