• HOME
  • 工 業
  • 農 林
  • 水 産
  • 食品加工
りんご研究所 Apple Research Institute

りんごの「旬」とは?

りんごも品種によって、それぞれ「旬」があります。 

 

■ 「りんごは"秋のくだもの"。日持ちするから、ももやメロンのように急いで食べなくても大丈夫。」というイメージはありませんか? 'ふじ'など晩生品種はそうなのですが…。
■ 新しい品種がたくさん生まれたこともあって、りんごの収穫時期は8月から11月まで品種によっていろいろで、それぞれの"旬"があります
■ そして、おいしく食べられる時期も品種によってそれぞれです。収穫してすぐはどの品種もおいしいのですが、"賞味期間"は夏のりんごほど短く、秋も深まってから収穫される品種ほど長い傾向にあるようです
■ 加えて、夏の高温は品質の低下を早めます。極早生種のりんごを手に入れたら、冷蔵庫でキリッと冷やして直ぐに食べて下さい。ももやメロンの"賞味期間"と同じような感覚で…。
■ 短い"賞味期間"もあって、極早生りんごが大量に流通することはないようですが、産地の道の駅や産直センターで見かけることが多いので、"旬"の時期に青森においでの際は覗いてみて下さい。
■ 冷蔵保管した場合の"賞味期間"は、「夏緑」や「あおり11」など極早生種ではせいぜい2週間くらい、「つがる」や「彩香」など早生種で1か月半~2か月、「北斗」や「北紅」など中生種で2か月~3か月、「ふじ」、「王林」、「星の金貨」など種類の多い晩生種では3か月~8か月といろいろです。
■ ところで、ほぼ一年中みかける「ふじ」ですが、普通に無袋栽培して熟してから収穫したもの(「サンふじ」と呼ばれることもあります)の"賞味期間"は3月までです。初夏まで販売されているのは特別な栽培(有袋栽培、やや早めの収穫)や特別な貯蔵方法(CA貯蔵など)を用いたもので、長期間おいしく食べてもらうための工夫の結晶です。「星の金貨」は普通の栽培・冷蔵で6月までおいしく食べられる超長期"賞味期間"品種です。