• HOME
  • 工 業
  • 農 林
  • 水 産
  • 食品加工
内水面研究所 Inland Water Fisheries Research Institute
アユカケ(カマキリ) Cottus kazika Joedan et Starks
アユカケ(カマキリ)の写真
特徴
体側に4本の暗色横帯が走る。鰓蓋(えらぶた)の後縁に4本の棘がある。青森県のレッドデータブック(2010年改訂版)のカテゴリーD(要調査野生生物)に指定されている。
生態
川の中流域に生息し、産卵時には海に降りて沿岸で行う降河回遊魚である。ふ化した仔魚は沿岸で浮遊生活後全長13~15mmの稚魚となり川へさかのぼる。
成長
全長20cm
産卵期
1~3月
分布
日本固有種で太平洋側は神奈川以南、日本海側は秋田以南の本州、四国、九州に分布する。1998年に岩崎村の津梅川での確認が本県で2例目となる。その後2000年には岩崎村の笹内川で大型の個体が2尾採捕されている。
 
      参考文献:       日本の淡水魚, 川那部浩哉 水野信彦 編・監修, 山と渓谷社
                   青森県の希少な野生生物-青森県レッドデータブック(2010年改定版)-, 青森県
                    青森県の希少な野生生物-青森県レッドリスト(2006年改訂増補版)-, 青森県