• HOME
  • 工 業
  • 農 林
  • 水 産
  • 食品加工
食品総合研究所 Food Research Institute

 食品総合研究所トップページ>水産食品開発部


水産食品開発部


◆主な業務内容

県産品を活用した加工品開発、加工技術支援及び指導を行っています。

 ・思った通りに加工品を作れない

 ・商品を形にしようにも、どうしたらいいかわからない

 ・試作しようにも、機械がない etc...

 

このようなお悩みを解決し、商品化をサポートします!

 

◆最近の成果

ーひめますの加工品―

  レトルト処理は、大型の機械や設備等が必要となり、手軽に試験ができません。

  しかし、当所にはレトルト処理を行う環境がありますので、県内の水産加工会社

 からの依頼によりヒメマスを用いたレトルトの処理条件の検討を行い、商品化となりました。

 

―カキの加工品―

  上記と同様に、レトルト処理条件および食材の前処理に関する問題を解決し、県内の

 飲食店において、カキお重が商品化となりました。

 

―イカの加工品―

  イカの漬物製品の日持ち向上に関する試験を行い、県内の水産加工会社において、

 イカの麹南蛮漬けが商品化となりました。

 

 

 

 

 ◆現在行っている研究課題

・水産加工技術・製品開発に関する研究(平成26年度~平成30年度)
・水産加工技術支援に向けた研究(平成26年度~平成30年度)
・中間加工連携強化対策事業(平成28年度~平成29年度)

 

お気軽にご連絡ください。

食品総合研究所トップページ>水産食品開発部