• HOME
  • 工 業
  • 農 林
  • 水 産
  • 食品加工
八戸地域研究所 Hachinohe Industrial Research Institute

八戸研ニュース

イベント・講演会のお知らせ


SEMICON JAPAN(セミコンジャパン)2017 に出展します。

是非お立ち寄りください

 

1.展示会名 SEMICON JAPAN 2017(TOUHOKU パビリオン)

2.出展者 青森県産業技術センター八戸地域研究所

3.日時  2017年12月13日(水)~15日(金)

4.会場  東京ビックサイト (〒135-0063 東京都江東区有明3丁目11−1)

5.情報発信内容 選択めっきを利用した新規通信線

詳細はこちらのページをご覧ください。(セミコンジャパンHP)

若しくは、セミコンジャパン2017 の出展社リストのなかで、青森県産業技術センターをクリックしてご覧ください。


 

高度溶接技能実習開催のご案内 修了しました。

  高度な溶接技能を有する人材確保と製品の品質向上のため、熟練技能者から技能伝承していただき、県内企業の技術力の早期向上と事業拡大のための支援強化を図るべく、中里 政人志 氏(高度熟練技能者)と佐藤 薫氏(㈱高橋製作所 生産管理部 製缶職長)を講師に迎え、半自動炭酸ガスアーク溶接の実習を実施します。今回は、基本の下向き姿勢のほか、難易度の高い立向姿勢、横向姿勢の実習を行いますので、ぜひ御社の基盤技術力向上にご活用ください。

 1.主催 (一社)青森県工業会

 2.日時 平成29年11月14日(火) 13:00~17:00

 3.場所 青森県立八戸工科学院 機械第二実習場(八戸市桔梗野工業団地2-5-30)

 4.内容

  ○あおもりマイスターによる説明とデモンストレーション

  ○実習:半自動炭酸ガスアーク溶接 ①下向 ②立向 ③横向

   ※①~③の中から希望の溶接姿勢をお選び下さい(複数可)

   ※作業が終わった方は終了時刻前にお帰りいただいても構いません

  講師:中里 政人志 氏(高度熟練技能者、あおもりマイスター※認定技術分野:溶接に係る技術)

     佐藤 薫 氏(㈱高橋製作所 生産管理部 製缶職長)

 5.定員 10名

 6.受講料 無料

 7.締切 11月2日(木)

 8.問合せ・申込先 一般社団法人青森県工業会 事務局

   TEL 017-721-3860 FAX 017-723-1243

 詳細はこちらのページをご覧ください。((一社)青森県工業会のページへジャンプします)

申込みはこちらの案内チラシ(pdf)をご覧ください。 


平成29年度 新規通信線材利活用研究会の開催について終了しました
   八戸地域研究所では、東日本大震災復興事業の一環として“被災地域の技術を結集した新規通信線材開発実用化支援事業”に取り組んでいるところです。

今年度の研究会では、電子機器部品内で多く利用されている、フレキシブル基板(FPC)において第一線でご活躍されている山一電機株式会社 米沢 章氏と高木 秀幸氏を招いて、“高速伝送フレキシブル基板に関する講演会を開催いたします。

 つきましては、御多忙中とは存じますが、是非とも御参加をいただき、新たな知見を得る場として御活用くださるようお願い申し上げます。

御出欠の連絡を10月23日(月)までに、別紙「連絡票」に記載の上、FAX(0178-21-2101)またはE-mail(keiko_iida@aomori-itc.or.jp)でお願いいたします。

1. 日 時    平成29年10月26日(木) 14:00~16:30

2. 会 場   (地独)青森県産業技術センター八戸地域研究所  実験棟  研修室

3. 内 容 

 14:00~14:05   開会挨拶          

 14:05~14:40 「IoT時代におけるセンサー開発」  

   八戸工業大学 客員教授 兼 新規通信線材利活用研究会会長 唐澤 英年 氏

 14:40~16:10 「山一電機の目指す高速伝送フレキシブル基板「YFLEX」について」    

   山一電機株式会社 YF技術グループ グループ長 米沢 章 氏

   山一電機株式会社 CS事業推進グループ プロフェッショナル 高木 秀幸 氏

 16:15~16:30  話題提供

  「MEMS SENSING & NETWORK SYSTEM 2017展示会への出展 及び他機関の出展情報について」

   八戸地域研究所 機械システム部 研究管理員  飯田 敬子 

 4. 参加費  無料                    詳細はこちらの案内(pdf)をご覧ください。  

 5.問合せ先 八戸地域研究所 機械システム部 飯田敬子 TEL:0178-21-2100 


 

八戸地域研究所 一般公開2017 開催のお知らせ

ご来場いただきありがとうございました。

 地方独立行政法人青森県産業技術センター八戸地域研究所は、地域の皆様に当研究所の活動をご理解いただき、科学技術並びに地場産業に対する関心と理解を深めていただくため、研究所の一般公開を実施いたします。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

開催日時 平成29年9月8日(金)~9日(土)午前10時~午後4時 (入場無料)

 

会  場 八戸地域研究所 実験棟(八戸市北インター工業団地1-6-29)

 

主な内容

  1. 展示
    • 青森県産業技術センター・八戸地域研のご紹介
    • 研究事業・成果の紹介
    • 最新の試験分析機器 ほか
  2. 体験・実演イベント
    • 電波暗室で電波のない世界へ
    • 電子顕微鏡でミクロの世界をのぞいてみよう
    • 1000kN万能試験機で物の強度を試す
    • X線CT装置で物の形をデジタル化!? ほか
    • モーションキャプチャーで人の動きをトレース
  3. 科学実験(9日(土)のみ)
    • 偏光板で万華鏡をづくり
    • スーパーボールづくり
    • -196℃の液体を見てみよう

詳細はこちらのチラシ(PDF)をご覧ください。

 

 

アクセス

・JR八戸駅から車で20分  ・百石道路八戸北ICから車で3分
 

<お問い合わせ>

地方独立行政法人青森県産業技術センター
八戸地域研究所 技術支援部 高柳、宮川、馬場、齋藤
TEL 0178-21-2100  FAX 0178-21-2101
kou_hachinohe@aomori-itc.or.jp

八戸地域研究所協議会技術講習会
走査電子顕微鏡を用いた観察・分析技術 (終了しました)
 八戸地域研究所では、(公財)JKAの補助により「卓上型電子顕微鏡」を新たに導入いたしました。本システムは、コンパクトながら、クラス最高の分解能を有しており、低真空機能を利用することによりセラミックや金属の複合材料や樹脂包埋した研磨サンプルなど絶縁物を前処理なしで簡単に観察・分析可能です。また、低倍CCDカメラ像を事前に取込むことで試料の視野探しが容易に行えるため、短時間での多検体測定や異物・不良解析などにお役立ていただけることと思います。  つきましては、より多くの事業者の皆様に本システムを有効活用いただくため、下記のとおり技術講習会を開催することといたしました。是非ご出席いただきたくご案内申し上げます。 
1.開催日時 平成29年7月21日(金)  13:00~16:00 (受付12時45分~)
2.開催場所 青森県産業技術センター八戸地域研究所 実験棟
3.内容  
 ①座学 「走査電子顕微鏡の原理と測定のコツ」
 ②座学 「EDXの原理と分析の基礎」
 ③実習 「卓上型電子顕微鏡(八戸地域研究所設置設備)を用いた観察・分析」
  講師:株式会社日立ハイテクフィールディング 西村 雅子 氏
     オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社 山口 晋 氏
4.参加人数 30名 (本講習会は八戸地域研究所協議会が主催しておりますが、会員以外の方も参加できます。)
5.参加費 無料
6.参加申込:申込用紙に必要事項をご記入の上、平成29年7月14日(金)までにメールもしくはFAXでお申し込みください。(メール本文に参加者、所属、連絡先をご記載していただいても参加受付いたします)
詳細・申込みはこちらの案内チラシ(pdf)をご覧ください。  
お問合せ:八戸地域研究所協議会事務局 技術支援部 髙柳 宮川 斉藤
TEL 0178-21-2100 FAX 0178-21-2101
e-mail: kou_hachinohe*aomori-itc.or.jp(注*を@に変えて送信してください。)

八戸地域研究所技術講習会

次世代型3DCAD/CAM/CAEセミナー~ものづくりの未来とその動向~(終了しました)

 昨今のものづくりにおける環境変化のスピードは加速の一途をたどり、対応するツールの進化の度合いも注目に値するものです。3D技術も出現から今や30年以上の歴史を重ねグローバルに流通しているものの依然ハードルの高いものと思われてはいないでしょうか。
 今回のセミナーでは、いま新たな転換期を迎えている3DCAD技術を軸に、ものづくりにおける破壊と創造の行く末を窺い、2Dにとどまらず3DCADもうまく利用したい、その方法は何かとお悩み・お考えの多数の皆様の一助となるべく、オートデスク株式会社様の全面協力により、「次世代型3DCADと次世代ものづくり」についてご紹介いたします。
 次世代型3DCAD(Fusion360)のハンズオン(体験指導)も行いますので是非ご参加ください。
【*ハンズオン(体験指導)に参加される方は事前にFusion360をインストールしたノートパソコンをご準備ください。注意事項・お願いを参照のこと】
主催:八戸地域研究所協議会、難削加工研究会
    (事務局:地方独立行政法人青森県産業技術センター八戸地域研究所)
協力:オートデスク株式会社
日時:2017年7月11日(火)13:00~16:50
場所:八戸地域研究所 実験棟(西)研修室
内容:13:00-14:00 講演
      「次世代型3DCADと次世代ものづくり」 オートデスク㈱ 関屋 多門 氏
   14:10-15:40  ハンズオン(Fusion360 体験指導)
      「CAD/CAM/CAE統合機能体験、評価」  オートデスク㈱
    15:50-16:50 Q&A (よろず相談会:ご希望の方)
定  員:30名(※会員以外の方も参加できます。ただし希望者多数の場合は会員を優先させていただいます。)
参加料:無料
参加申込:申込用紙に必要事項をご記入の上、平成29年7月7日(金)までにメールもしくはFAXでお申し込みください。
詳細・申込みはこちらの案内チラシ(pdf)をご覧ください。 
お問合せ:八戸地域研究所協議会事務局 技術支援部 髙柳 機械システム部 中居
TEL 0178-21-2100 FAX 0178-21-2101
e-mail: kou_hachinohe*aomori-itc.or.jp(注*を@に変えて送信してください。)
[注意事項・お願い]
*ハンズオン(Fusion 360体験指導)ご希望者様は注①~⑤をお読みの上、ご自身のノートパソコンをご準備ください。
注①すでに Fusion 360 お使いの方は、インストールおよび起動確認したご自身のノートパソコンをお持込ください。
注②Fusion 360 をお使いでない方は、URL から体験版をダウンロード、Autodeskアカウント取得後,
       インストールおよび起動確認のうえ、ご自身のノートパソコンをお持込ください。
   インストールガイド(こちら(pdf))をご覧ください。
       オートデスクHPはこちら→www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/overview 
     会場でのダウンロード・アカウント取得はできません。
       なお、インストールによりPC に不具合が生じた場合でも、弊所は責任を負いませんので御了承ください。
注③3つボタンマウス(スクロールボタン可)をご持参ください。
注④64bitのPCが必要です。下記の動作環境をご確認ください
注⑤貸出し用PCはございません。
●ソフトウェア、インストールに関してはオートデスク(株)にお問合わせください。 

【講演会のご案内】ものづくりの未来を考える-高能率加工技術と技能継承-
終了しました。

 ものづくりの「高能率加工技術と技能継承」をテーマにした講演会を開催いたします。

講師は、3Dプリンターや高速ミーリングの第一人者として知られる芝浦工業大学の安齋正博 教授と、機械加工のわかりやすい解説本の著者として知られる澤 武一 准教授を講師としてお招きし、未来のものづくりの展望と技能継承・人材育成の進め方についてお話いただきます。

ものづくり分野の第一線でご活躍される専門家から、貴重なお話を聞けるまたとない機会です。

機械加工や技能継承に興味のある方、これから研究に着手したいと考えておられる方など、多くの皆様の参加をお待ちしております。

詳しくは、案内チラシをご覧ください。

開催日時 平成29年5月16日(火)13:00~ 15:00 

会  場 八戸地域研究所 実験棟 研修室 (八戸市北インター工業団地1-6-29)

参加費  無料 

定 員  30名程度(超えた場合でもできるだけご参加いただけるよう善処します)

 参加申し込みは、案内チラシの申込み欄に必要事項をご記入の上、FAXかメールでお申し込みください。

申込み〆切 平成29年5月15日(月) 八戸地域研究所 機械システム部 中居まで   

詳細はこちらの案内チラシ(pdf)をご覧ください。(公開終了)


 


平成27年度 主な発表及び論文投稿

  平成27年度に、学会や研究会等に発表、投稿しました研究報告、成果報告等を紹介いたします。(内容の詳細については、当所までお問い合わせください)

・題目及び発表者

Photocatalytic activity of FeOOH/metal oxide composite for degradation of methyl orange under visible light irradiation

   技術支援部 角田 世治

・学会名

平成27年度 化学系学協会東北大会(2015.9 弘前大学文京キャンパス)

・題目及び発表者

ドライ穴あけ加工における送り速度が工具摩耗に及ぼす影響

   機械システム研究部 中居久明

・学会名

2015年度 精密工学会秋季大会学術講演会(2015.9 仙台市)

・題目及び発表(投稿)者

①CMM都市伝説「第4章 狭いのはきらい?-基準面のとり方によって測定値に誤差が生ずる?-」(形状計測研究会)

②八戸地域研究所の活動紹介(材料評価研究会)

   ①②機械システム研究部 中居久明

・研究会名

2015年度 産業技術連携推進会議知的基盤部会計測分科会

形状計測研究会および材料評価研究会(2015.11 八戸プラザホテル)