• HOME
  • 工 業
  • 農 林
  • 水 産
  • 食品加工
弘前地域研究所 Hirosaki Industrial Research Institute
商品開発支援事業成果報告会開催のご案内
(平成28年2月18日開催済み)ご来場の皆様、ありがとうございました。
 

時下、益々ご清祥のこととお喜び申しあげます。
 さて、地方独立行政法人青森県産業技術センター弘前地域研究所は、弘前オフィス・アルカディア地区に移転するための施設整備を進め、平成27年7月に無事、移転を完了いたしました。移転後の新しい弘前地域研究所は、従来の研究開発に新たな機能を加え、県内企業の商品企画開発から販売促進まで総合的な支援を行う機関を目指し活動しています。
 今年度はその一環として「商品開発支援事業」を実施し、県内中小企業の商品開発力の向上、売れる商品づくりを目指して、マーケティングやデザイン等のソフト面も含めた総合的な商品開発支援を行ってきました。
 今般、本事業の平成27年度成果報告会を開催いたします。ご多用中とは存じますが、皆様のビジネスにもお役立ていただけることと思いますので、是非ご出席くださいますようご案内申し上げます。
 
開催概要
 
 1.開催日時
平成28年2月18日(木)13:00~16:45
                    
 2.会 場
弘前地域研究所 研修室
〒036-8104 弘前市扇町一丁目1-8 TEL : 0172-55-6740
http://www.aomori-itc.or.jp/index.php?id=2902
 
 3.内 容
プログラム

12:45 ~【受 付】事業成果展示(成功事例3企業・2大学)
13:00 ~【開会/挨拶】
       開会挨拶  青森県商工労働部    
13:05 ~【招待講演】
     「デザインの現場、そしてその価値」
      株式会社GK京都 顧問 吉田 治英 氏
14:05 ~【商品企画ツール「V-Cup」を用いた商品開発支援について】
      弘前地域研究所生活デザイン部 工藤 洋司
14:15 ~【商品開発事例報告】
      ○青森環境開発株式会社+フクシアンドフクシ建築事務所
      ○鉄工房アール+ブレスト
      ○株式会社ソルテック+株式会社コンシス
15:00 ~【休 憩】
15:10 ~【産学官共同商品開発プログラム1(弘前大学)】
     《協力企業》道の駅なみおか(来客数1割アップ達成のための施策)
     《協力企業》海扇閣(冬の観光商品企画と販売用パンフレットの作成)
     《協力企業》でる・そーれ
      (赤~いりんごジャムの宣伝・販売に向けた製品コンセプトの開発)
16:10 ~産学官共同商品開発プログラム2(八戸工業大学)
     《協力企業》有限会社静岡屋
      (出汁の新しい食体験を提供する商品企画とパッケージデザイン)
16:40 ~閉 会】
     『新弘前地域研究所と次年度事業紹介』   弘前地域研究所

   講演講師のご紹介などの詳細は、下記よりご案内ちらしもご覧ください。
 
 4.お申込み
 下記からダウンロードいただけるご案内チラシの詳細をご確認いただき、参加お申込み欄に必要事項をご記入の上FAXで、若しくは同等の内容をメールにて、お申し込みください。
 
 5.ご案内チラシ
 6.お問合せ先
青森県商工労働部 新産業創造課 産学官金連携推進グループ
TEL:017-734-9379  FAX:017-734-8115
 
(地独)青森県産業技術センター 弘前地域研究所 技術支援部
TEL:0172-55-6740  FAX:0172-55-6745 


研究所の概要へ       弘前地域研究所トップへ