• HOME
  • 工 業
  • 農 林
  • 水 産
  • 食品加工
農林総合研究所 Agriculture Research Institute

「水田農業の再構築」に向けた革新技術の研究・普及成果発表会

 

 青森県と農林総合研究所は、「水田農業の再構築」に向け、当研究所や野菜研究所が開発した収益力を向上させる革新技術や「青天の霹靂」に関する新たな技術を農業者に早期に導入していただくため、研究・普及成果発表会を開催します。

 

1 日  時 平成29年2月10日(金)13:00~15:30

 

2 場  所 青森国際ホテル3階「萬葉の間」

       (青森市新町一丁目6-18)

 

3 主  催 青森県、地方独立行政法人青森県産業技術センター農林総合研究所

 

4 参集範囲 農業者、農業関係団体、行政機関等

 

5 内  容 

(1)青森県重点事業「水田農業の革新技術緊急普及事業」の取組

  ア 耕起作業を省略できる水稲V溝乾電直播栽培技術

    作物部長 野沢 智裕

  イ 大規模経営に対応できる大豆晩播狭畦栽培技術

    作物部 研究管理員 工藤 忠之

  ウ 燃料削減とくぼみ症を軽減するにんにく収穫後の間断乾燥技術と乾燥時の留意点

    野菜研究所 栽培部 主任研究員 今 智穂美

 

(2)新たに開発した「青天の霹靂」に関する技術

  ア 「青天の霹靂」の生育予測について

    作物部 主任研究員 木村 利行

  イ 「青天の霹靂」の生育に合う基肥一発型肥料の使い方

    生産環境部 研究員 福沢 琢磨

  ウ 灌漑水からの珪酸供給量の地域的傾向と珪酸による食味向上効果

    生産環境部 研究管理員 藤澤 春樹

(3)試食・紹介

  ア 冷めてもおいしい低アミロース品種「あさゆき」の試食

  イ タンパク質組成に特徴のある品種「華さやか」を用いた米粉パンの試食

  ウ タブレット端末、スマートホン等で衛星画像から収穫適期や米のタンパク質含有量を推定するシステムの紹介

  エ タブレット端末、スマートホン等によるインターネット接続で簡単に施肥計算できる「施肥なび」の紹介

  

6 出席申込み

  平成29年1月27日までにチラシ裏面の出席申込書に氏名等を御記入の上、青森県農林水産政策課産業技術研究推進GにFAXもしくはEメールでお申し込みください。

  FAX 017-734-8133

    メール junya_tanaka#pref.aomori.lg.jp (メールアドレスの#を@に変えて御利用ください。)

 

7 問い合わせ先

  農林総合研究所 企画経営担当 小菅

  電話0172-52-4346 FAX0172-52-4399