• HOME
  • 工 業
  • 農 林
  • 水 産
  • 食品加工
弘前地域研究所 Hirosaki Industrial Research Institute
「商品開発とデザイン」
商品開発支援事業H28年度成果報告会開催のご案内
(3月22日開催済み。ご来場の皆様、ありがとうございました。)

時下、益々ご清祥のこととお喜び申しあげます。
 さて、地方独立行政法人青森県産業技術センター弘前地域研究所は平成27年7月に弘前オフィス・アルカディア地区に移転し、従来の研究開発に加えて、県内企業の商品企画開発から販売促進まで総合的な支援を行う機関として活動しています。その一環として「商品開発支援事業」を実施し、県内中小企業の商品開発力の向上、売れてゆく商品づくりを目指して、マーケティングやデザイン等のソフト面も含めた総合的な商品開発支援を行ってきました。
 今般、県内企業の皆様方に商品開発事例を御紹介する成果報告会を下記のとおり開催することとなりました。弘前地域研究所が開発した商品企画支援ツール(V-Cup)を用いて県内企業や県内デザイナーと取り組んだ事例報告、弘前大学や八戸工業大学と連携した取り組み報告、その他、株式会社博報堂の高岡繁之氏による「そもそもデザインとは?」というデザインの存在意義についての御講演もありますので、
ぜひ御参加くださるよう御案内申し上げます。

 
開催概要
 
 1.開催日時
平成29年3月22日(水)13:30~17:00
                    
 2.会 場
弘前地域研究所 研修室
〒036-8104 弘前市扇町一丁目1-8 TEL : 0172-55-6740
http://www.aomori-itc.or.jp/index.php?id=2902
 
 3.内 容
プログラム

13:00 ~【受 付】事業成果展示
13:30 ~【開会/挨拶】
       開会挨拶  青森県商工労働部新産業創造課 課長 羽原 健雄    
13:35 ~【招待講演】
     「そもそもデザイン」存在意義から見つめるデザイン開発
      株式会社  博報堂  そもそもデザイン推進体 マーケットデザイン・コンサルタント高岡 繁之 氏
15:15 ~【商品企画ツール「V-Cup」を用いた支援について】
      弘前地域研究所生活デザイン部 工藤 洋司
14:15 ~【県内デザイナーとの連携による商品開発事例報告】
      ○小館木材株式会社
      ○株式会社 竹太商店
      ○株式会社 ササキコーポレーション
16:10 ~【産学官共同商品開発プログラムについて】
     1.「地域企業との連携による学生カンパニーの商品開発」
       弘前大学人文社会科学部 教授 森 樹男氏
     2.八戸工業大学との取り組み
       弘前地域研究所 技術支援部 横澤 幸仁
16:50  【閉 会】
    
   講演講師のご紹介などの詳細は、下記よりご案内ちらしをご覧ください。
 
 4.お申込み
 下記からダウンロードいただけるご案内チラシの詳細をご確認いただき、参加お申込み欄に必要事項をご記入の上FAXで、若しくは同等の内容をメールにて、お申し込みください。また、QRコードの申込みフォームからもお申し込みできます。
 
 5.ご案内チラシ
商品開発とデザイン(PDFファイル 995KB)
 
 6.お問合せ先
(地独)青森県産業技術センター 弘前地域研究所 技術支援部
 TEL:0172-55-6740  FAX:0172-55-6745 


研究所の概要へ       弘前地域研究所トップへ