• HOME
  • 工 業
  • 農 林
  • 水 産
  • 食品加工
農林総合研究所 Agriculture Research Institute

水稲品種開発部

水稲品種開発部では、水稲の食味・品質・耐冷性・耐病性に優れた品種育成と奨励品種の選定、優良種子の生産を行っています。
「つがるロマン」、「まっしぐら」等の主食用粳(うるち)品種の育成を主体に、糯(もち)品種、酒造適性品種(酒米)、直播向け品種、一般の米とは違った形状や性質を持つ新形質米品種、飼料用品種などの育成を行っています。

  •  

水稲品種の育成

津軽地域に適した極良食味品種の育成
水稲品種の育成は、水稲品種開発部(黒石市)と藤坂稲作部(十和田市)の2か所で行っています。当部では、津軽地域に適した粳(うるち)品種として「つがるロマン」、「まっしぐら」、「ゆめあかり」、「むつほまれ」等の多くの品種を開発してきました。
 現在、食味・品質が「コシヒカリ」並みで、寒さや病気に強い品種を目指して育成を行っています。

主な研究内容の「水稲新品種の開発」へ

「品種データベース」へ


新しい品種が開発されるまで 





直播向け品種の育成
米づくりの低コスト化・省力化・軽労化のための栽培技術として、苗づくりや田植え作業を省略する直播栽培法があります。気象条件の厳しい青森県に適した、早生・早熟で倒れにくく、低温でも苗立ちの良い品種の育成を行っています。

 

各種用途向け品種の育成
酒酒米、糯(もち)米の他に、米の形状・性質や用途などに特徴のある香り米、低アミロース米、極小粒米、紫黒米、巨大胚米などの新形質米の育成を行っています。これまでに、酒米品種「華吹雪」「華想い」、糯米品種「あかりもち」、香り米品種「恋ほのか」、低アミロース米品種「ねばりゆき」、極小粒米品種「つぶゆき」、紫黒米品種「紫の君」「式部糯」等を育成し、本県の奨励品種、認定品種に指定されています。
 飼料用稲として、稲発酵粗飼料用品種「うしゆたか」が飼料作物奨励品種に指定されています。
 また、観賞用品種として、葉色が白い「ゆきあそび」、葉色が赤い「べにあそび」、葉色が橙色の「あかねあそび」、穂の色が赤い「赤穂波」、穂の色が紫色の「紫穂波」を育成しました。なお、観賞用品種は当センターで種子を配付していますので、配付を希望される方は以下の配付予定及び配付条件を確認下さい。

 

  ・「観賞用稲種子(H29年度播種用)の配付について」

 


華想い(左)と華吹雪(右)


水稲奨励品種の選定
育成された系統を黒石市、十和田市の研究部の他、県内9か所で試験栽培し、出穂期や収量性・食味・品質等多くの特性を調査します。調査結果に基に県内で安定的に栽培できるかどうかを判定し、将来本県の主力となる品種を選定します。

本県水稲の主力品種

つがるロマン 奨励年次:平成9年~現在
旧系統名:青系115号
育成場所:青森県農業試験場
交配親:ふ系141号/あきたこまち
良質・良食味の青森県産米の看板品種で、主に津軽中央地帯で栽培されています。日本穀物検定協会の食味総合ランクはAの評価を得ています。倒伏抵抗性はやや弱い「中」です。玄米品質は腹白・心白の発現が少なく良好ですが、刈り遅れにならないよう注意が必要です。
 平成9年1月に奨励品種に指定され、米づくりの里である津軽を発祥の地として、全国有数の銘柄となるよう、青森県稲作農家のロマンを込めて、全国から応募のあった8,861点の中から命名しました。
まっしぐら 奨励年次:平成17年~現在
旧系統名:青系138号
育成場所:青森県農林総合研究センター
交配親:奥羽341号/山形40号
いもち病に強い良食味品種で、主に津軽西北・県南内陸地帯で栽培されており、平成23年度からは青森県で最も多く作付けされています。倒伏抵抗性は強いのですが、玄米品質・食味が低下しないよう多肥栽培や刈り遅れに注意が必要です。
 平成17年3月に奨励品種に指定され、青森県産米の食味・品質の追求に「まっしぐら」に、そしてきまじめに取り組んでいく気持ちを込めて、全国から応募のあった3,946点の中から命名しました。


優良種子(原原種、原種)の生産

農林総合研究所では、稲作農家が使用する種子の元種(もとだね)である原種(げんしゅ)を生産しています。さらにその元種である原原種(げんげんしゅ)も生産しています。
 
 原種とは、育成された個々の品種の持つ特性(食味、品質、収量性、寒さや病気に強いか弱いか等)が失われないように維持されている種子をいい、厳重な栽培管理の下で生産されます。原原種とは更にその元種で、1株1本植えで1株ずつ特性を調査し厳重な栽培管理の下で生産されます。


まっしぐらの原種ほ場

 

ホームへ戻る