• HOME
  • 工 業
  • 農 林
  • 水 産
  • 食品加工
農林総合研究所 Agriculture Research Institute

 

生産環境部

当部では、農業環境の保全、水田・畑地・施設の土壌改良、

        施肥改善などに関する調査や試験研究を行っています。

 

  施肥設計支援システム「施肥なび」

 稼働中です。

 

  

 

 

 リモートセンシングによる生育診断


  衛星等を利用して、広範囲のほ場を撮影し、

  その画像データから生育量や玄米タンパク質含有率を推定するための検討を行っています。

   (図は玄米タンパクマップのイメージ)

 

    

 

 

 

土壌保全対策・環境保全型農業

 土壌機能実態と改良指針策定調査


  土壌の理化学性や管理方法について継続的に調査を行い、

  県内土壌の現状と経年的な変化を把握して、土づくり等を進める際の資料としています。

  また、土壌に稲わらや堆肥を毎年施用し、土壌の理化学性の変化や作物の生育・収量に対する影響について調査しています。

 

            
    土壌・土質・土性調査

 

  
  各種土壌養分の分析調査   場内ほ場の土壌断面(畑地)

 

  

 水稲の生育診断による施肥技術

 施肥管理技術
 良質良食味米の安定生産のためには、水稲の栄養診断を基にした栽培管理が重要です。

 そのため、水稲の生育と窒素吸収経過を把握し、良質良食味米生産の基礎資料を得ています。

 

 

 

ホームへ戻る