美味しいお酒を目指して/弘工研


おいしい日本酒を造るためには、
「米」「麹」「酵母」「水」この4つが良質でなければなりません。
特に香りや味に大きく影響するのが「酵母」です。
日本酒の実用化試験で使用している八甲田酵母は、
日本酒のモロミで発酵力が高く、自然な味わいになるのが特徴です。
現在、2019年デビューを目指して試験を行っています。
乞うご期待!

 

 

 

詳しくは、
青森県産業技術センターのHPもご覧ください!



 

目玉研究トップへ