10/7仙台開催 ものづくりCAE活用セミナー【日本塑性加工学会】

2019年9月11日

ものつくりCAE活用セミナー開催のお知らせ
日本塑性加工学会 東北・北海道支部 東北ブロック 2019年度第1回講習会

東北ブロックではCAE活用促進の為,セミナーを企画することとなりました.ブロック内でCAEを活用されている会員が少ないことから,まずはCAEによる課題解決事例紹介と使用方法の紹介を行います.CAE活用に興味のある会員の皆様の参加をお待ちしております.

「ものつくりCAE活用セミナー」
日 時:2019年10月7日(月) 9:30~17:00
会 場:東北大学青葉山キャンパス マテリアル・開発系
    材料実験棟 るつぼホール(201号室)
    [〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-02]
交 通:仙台市営地下鉄東西線青葉山駅から徒歩約10分
主 催:日本塑性加工学会 東北・北海道支部 東北ブロック
後 援:宮城県産業技術総合センター

内 容:
司会:東北大学 上島 伸文 君
(1) 開会の挨拶 (9:30~9:35)
  東北ブロック ブロック長 及川 勝成 君
(2) 鍛造を中心とした塑性加工用シミュレーションソフトの紹介 (9:35~10:05)
  (株)ヤマナカゴーキン 金 秀英 君
(3) 成形過程における不具合発生のCAEによる予測とその対策法 -シミュレーション活用術-
(10:05~10:35)
 (有)エムアンドエムリサーチ 伊藤 耿一 君
(4) ものつくりにおけるCAE活用事例報告
(4-1) プレス・鍛造の課題解決に役立つFEMシミュレーション実践活用事例 (10:35~11:05)
  (株)ウチダソーキ 斉藤 安治 君
<休憩>
(4-2) CAE活用による鍛造試作省略及び新鋼種の鍛造性調査(11:15~11:45)
  東北特殊鋼(株) 鎌田 大地 君
(4-3) CAEを用いた鍛造用金型の改善提案事例の紹介(11:45~12:15)
  冨士ダイ(株) 伊藤 公一 君
(4-4) 流動解析を用いたインサート端子変形予測(12:15~12:45)
  アルプスアルパイン(株) 麻山 聡 君
<休憩・昼食>
(5) CAEソフトウェアの操作説明(13:45~14:45)
  (株)ヤマナカゴーキン 金 秀英 君
<休憩・実習準備>
(6) CAEソフトウェア実習(15:00~17:00)
  (株)ヤマナカゴーキン 金 秀英 君
  (株)ヤマナカゴーキン 小菅 歩 君
(7) 技術交流会(会場近辺)(17:15~19:15)

定 員:午前の部:60名,午後の部:30名
   (定員超過の場合は会員を優先いたします.)    
参加費:
一日コース:会員8,000円,学生会員4,000円
      非会員12,000円,非会員学生6,000円
午前のみ:一日コースの半額
交流会費:3,000円程度を予定(要事前申込)
留意事項:
  ・当日講習会資料を配布いたします.
  ・実習はブロックで用意するPCで行います.
  ・参加費・交流会費は当日受付でお支払下さい.
申込方法:E-mailにてタイトルを「東北ブロックCAEセミナー申込」とし,(1)氏名,(2)勤務先,(3)電話番号,(4)E-mailアドレス,(5)会員資格,(6)参加希望コース(一日/午前のみ),(7)交流会参加の有無,(8)自家用車使用の際はその旨 を明記して9月24日(火)までに下記申込先までお申込み下さい.
申込先:東北ブロック幹事 上島 伸文 宛
電話/FAX:022-795-7347
E-mail:n-ueshima@material.tohoku.ac.jp
詳細は下記URLをご覧ください。
  http://tohoku-hokkaido.jstp.jp/ものつくりcae活用セミナー開催のお知らせ/


関連ワード

お問い合わせ

工業部門 八戸工業研究所
技術支援部
電話:0178-21-2100
ファクシミリ:0178-21-2101
このページの
先頭へ戻る