「大径材」を活用する

 この研究では、スギ人工林の高齢化に伴って生産量の増加が予想される大径材(直径30cmを超える丸太)などの県産材の活用を促進するために、丸太段階での強度測定技術の効率化、大径材の強度特性の把握、大径材の適切な製材・加工技術の開発、付加価値を高めた県産材製品の開発に取り組んでいます。

 

大径材.JPG
スギ大径材
大径材強度測定.JPG
強度測定の様子
心去り平角材.JPG
大径材からのみ製材できる
心去り平角材

 

研究内容(PDF):生産性を高める製材技術と高付加価値製品に関する試験・研究開発

 

林業研究所WEB公開デーTOPへ戻る

このページの
先頭へ戻る