Q10:夏に行う林地の下草刈りが非常に大変です。下草の成長を抑える方法はありますか?

A:植えた苗木を健全に成長させるためには、植えてから5年程度は下草の成長を抑える必要があります。一般的にはエンジン付きの背負い式草刈り機での「下刈り」が行われます。そのほか、マルチング(土壌被覆)、薬剤散布等が試みられてきましたが、背負い式草刈り機による下刈りに替わる画期的な方法はなかなか出てきません。

 

林業研究所WEB公開デーTOPへ戻る

このページの
先頭へ戻る