農林総合研究所 令和元年度研究成果発表会

令和元年度

青森産技 農林総合研究所

研究成果発表会 を開催します

青森県「先端農業技術・機械導入推進セミナー」と共催)

 

農林総合研究所では令和元年度の研究成果の中から、現場ニーズが高い

主要なものの普及を目的として研究成果発表会を開催します。

 

  令和元年度研究成果発表会チラシ(クリックでpdfファイル)

 

 

1 日  時

     令和2年2月6日(木)

  12:00~16:3

    ポスター展示 12:00~16:30

    発表会       13:00~14:45

 

2 場  所

     青森国際ホテル 3階「萬葉の間」

   青森市新町一丁目6-18

        電話:017-722-4321

 

3 主  催

     地方独立行政法人青森県産業技術センター農林総合研究所

 

4 参集範囲

     農業者、農業関係団体、行政機関等

 

5 内  容 

(1)ポスター展示

◆ 県内で初めて確認されたスイカの炭腐病及びホモプシス根腐病の特徴

◆ ダイズクキタマバエによる被害症状の特徴

◆ 水稲高密度播種苗栽培における側条施用薬剤による病害虫防除法

◆ 「青天の霹靂」の栽培を支援するシステム「青天ナビ」の開発と活用

◆ 県内農耕地土壌における土壌有機物の変化と有機物施用効果

◆ 水稲の高密度播種苗による移植栽培技術

◆ 大豆栽培における雑草の発生実態と防除対策について

◆ 夏秋ミニトマトにおける自動灌水装置を用いた点滴潅水の生育・収量

◆ 飼料用米新品種候補「青系201号」の特性

 

(2)発表会

   各演題は、質疑応答を含めて20分程度。

      なお、演題は当日変更になることもあります。

◆ 水稲の高密度播種苗による移植栽培技術と側条施用薬剤による病害虫防除法

  作物部 研究管理員 木村 利行

  病虫部 研究管理員 倉内 賢一

◆ 飼料用米新品種候補「青系201号」の特性

  水稲品種開発部 研究管理員 神田 伸一郎

◆ 「青天の霹靂」の栽培を支援するシステム「青天ナビ」の開発と活用

  農業ICT開発部 部長 境谷 栄二

◆ アルストロメリアの赤色LED電照による増収効果

  花き・園芸部 研究管理員 加藤 直幹

 

6 問い合わせ先

  農林総合研究所 企画経営監 清藤

  電話0172-52-4346 FAX0172-40-4161

このページの
先頭へ戻る