分析事例1『白い繊維状の異物の分析』

2020年3月23日

 私たちの身の回りには、様々な材質、形状のモノが存在しています。それらが、通常には存在しないところにあると”異物”とされ、発生源などを特定するために、’異物が何か’を明らかにする分析が行われます。

 今回は、製品に混入した”白い繊維状の異物”を分析した事例を紹介します。

 白い繊維状の異物

 

顕微フーリエ変換赤外分光光度計による分析

 白い繊維状の異物を観察した結果、有機系異物である可能性が高いことから、顕微フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)[顕微モード]で分析しました。

 

1 初めに、顕微鏡画像を観ながら、繊維状異物のFT-IR分析をする箇所を決めます。

FTIRの分析画面

 

2 FT-IR分析をして、IR(赤外吸収)スペクトルを取得します。

IRスペクトル

 

3 データベース検索を行い、取得したIRスペクトルに類似したスペクトルの物質を探します。

データベース検索結果    

 

 異物が白い繊維状であることとIRスペクトルをデータベース検索した結果から、”毛髪などの毛(ヒトの毛髪:一致率96%)”や”ナイロン系の繊維(ナイロン6:一致率81%)”の可能性が高いことが分かりました。

 

走査型電子顕微鏡(エネルギー分散型エックス線分析装置附属)による分析

 走査型電子顕微鏡(エネルギー分散型エックス線分析装置附属)により、異物の表面を拡大観察し、さらに異物に含まれる元素の分析をしました。

 

1 異物の表面を電子顕微鏡で観察します。

 

2 異物の元素をエネルギー分散型蛍光エックス線分析装置で分析します(下の画像(左):電子顕微鏡像と元素分析の範囲(ピンク色の枠内),(右):左図の元素分析範囲のエネルギー分散型蛍光エックス線スペクトルと元素分析結果)。

蛍光エックス線分析箇所画像蛍光エックス線分析結果

 

 異物の表面にキューティクルが観察され、硫黄(S)が検出されたことから、繊維状の異物は”毛髪などの毛”である可能性が高いことが分かりました。

 

 

 工業総合研究所では、いろいろな分野の機器を保有しており、様々な異物分析に対応しております。

 気軽に、ご連絡ください。

 《ご連絡先》

  工業総合研究所 技術支援部 横濱、奈良岡、菊地、片山

   住所  〒030-0142 青森市大字野木字山口221-10

   電話  017-728-0900

   FAX  017-728-0903

   E-mail kou_souken@aomori-itc.or.jp  <- @を半角に直してください

関連ワード

お問い合わせ

工業部門 工業総合研究所
技術支援部 横濱、奈良岡、菊地、片山
電話:017-728-0900
このページの
先頭へ戻る