知的財産権

(地独)青森県産業技術センター所有の開放特許権一覧

            【H31.2.1現在】

  タイトル 出願番号 特許登録番号 概要
1 活性炭製造方法 特願2012-038056 特許第5935039号 【内容】
原料としてリンゴ剪定枝のみを利用し、薬品賦活を用いることなく簡易なプロセスによって得られる、大きな比表面積と細孔容積、およびメソ孔(直径2〜50nmの孔)を多く有する活性炭の製造方法です。
【おすすめポイント】
薬品賦活法のような製造プロセスを組み入れなくてもよいことから製造コストを抑えることができ、より簡易に優れた性能を備えた活性炭が製造可能とになります。
【活用例】
消臭剤、浄水等
2 高保水性プロテオグリカン、化粧料および高保水性プロテオグリカンの製造法 特願2015-135966 特許第6464485号 【内容】
プロテオグリカンは高い保水性を有し、化粧品にも使われています。
プロテオグリカンをナトリウムやカリウムイオン型の強酸性陽イオン交換樹脂で処理すると、保水性が2.8倍高くなります。
【おすすめポイント】
化粧品への高保水性プロテオグリカンの使用により、より付加価値の高い化粧品や、プロテオグリカンの量を減らすことができるので、コスト的にも有利です。
【活用例】
化粧品等
※この他にもプロテオグリカンに関連する特許を複数出願・登録しておりますので、お気軽に御相談ください。
3 フッ素処理材及び処理方法 特願2014-001285 特許第6304621号 【内容】
温泉旅館やメッキ工場などの排水に含まれ、水質汚濁防止法で一律排水基準値が設定されているフッ素を低減するフッ素処理剤です。
【おすすめポイント】
産業等廃棄物を用いるため、温泉旅館などのトータルコストが高いために導入を見合わせていたユーザーにも提案できる、安価なフッ素排水処理システムを開発できます。
【活用例】
水処理施設や浄化槽用シーディング剤の培養物等
4 多孔質炭素材 の製造方法とそのシステム 特願2001-223831 特許第5114719号 【内容】
比表面積の大きい多孔質の炭素材を製造するシステムです。
【おすすめポイント】
臭いやガスの吸着性の高い多孔質の炭素材の製造ができます。
【活用例】
消臭剤等
5 加工ニンニク、およびその処理方法 特願 2004-381423 特許第4070138号 【内容】
ニンニクの機能性成分であるシクロアリイン、S-アリルステインの含有量を増加させた加工ニンニクです。
【おすすめポイント】
現在、流通している黒ニンニクよりもシクロアリイン、S-アリルステインの含有量が多い加工ニンニクとなります。
【活用例】
機能性成分を含む加工ニンニク
6 アリウム属植物素材およびその製造方法 特願 2010-054231 特許第5834307号 【内容】
ネギやタマネギなどのアリウム属植物素材における機能性成分シクロアリインの含有量を数倍に増加できる技術です。
【おすすめポイント】
乾燥ネギで増加効果がさらに増します。また、規格外品などでも活用できます。
【活用例】
機能性成分を含む加工食品
7 アリウム属植物の開花促進方法、自殖種子、交配種子、自殖方法、交配方法、ウイルスフリー個体の作出方法およびウイルスフリー個体 特願 2010-041119 特許第5386700号 【内容】
人工的に交配することが困難であるアリウム属植物(ニンニクなど)において、開花花器を得ることができ、交配可能となる技術です。
【おすすめポイント】
大規模な施設等は不要となります。
【活用例】
ニンニクなどの育種
8 花の香りと色の抽出製造法 特願2011-225480 特許第6028148号 【内容】
花の香りと色の抽出製造法です。
【おすすめポイント】
花の香は熱に弱く、水蒸気蒸留法を使用することはできませんでした。従来は、主に、有機溶剤が用いられていました。本特許の製造方法は、大規模な設備や有機溶剤を使わずに、花から香を得ることができます。
【活用例】
香水等
※実施に当たっては、共同権利者である大湊興業株式会社 様からの同意が必要となります。
※この他にもいろいろな特許権等を所有しておりますので、まずはお気軽に御相談ください。
このページの
先頭へ戻る