貝毒プランクトン発生状況を更新しました

2023年1月第1週

地点 調査日 水深 水温 麻痺性 下痢性
A.ta(旧) A.ca(旧) D.fo D.ac
野内
(陸奥湾西部海域)
1/11 0m 9.0 0 0 0 0
5m 9.4 0 0 0 0
10m 9.5 0 0 0 0
20m 9.5 0 0 0 0
30m 9.5 0 0 0 0
野辺地
(陸奥湾東部海域)
1/23 0m 6.6 0 0 0 0
5m 6.8 0 0 0 5
10m 6.7 0 0 0 0
20m 6.8 0 0 0 0
30m 6.7 0 0 0 0
33m 7.1 0 0 0 0
0

2023年2月第1週

地点 調査日 水深 水温 麻痺性 下痢性
A.ta(旧) A.ca(旧) D.fo D.ac
野内
(陸奥湾西部海域)
2/6 0m 5.4 0 0 0 0
5m 5.5 0 0 0 5
10m 5.5 0 0 0 5
20m 5.5 0 0 0 0
30m 5.6 0 0 0 0
野辺地
(陸奥湾東部海域)
2/6 0m 4.7 0 0 0 5
5m 4.6 0 0 0 0
10m 4.5 0 0 0 5
20m 4.5 0 0 0 0
30m 4.5 0 0 0 5
33m 4.6 0 0 0 0
0

A.ta=Alexandrium tamarense(旧名),A.ca=A.catenella(旧名),D.fo=Dinophysis fortii,D.ac=D.acuminata
いずれも1L当たりの出現細胞数(cells/L)

このページの
先頭へ戻る