デザイン推進室

デザイン推進室

 デザイン推進室は、平成31年4月に生活デザイン部を改称して設置されました。旧工業試験場漆工部と旧工業試験場青森木工分場の流れを汲む各部を統合して設立されたセクションで、平成30年10月には分室(青森市第二問屋町)を統合し、スタッフ全員が弘前で活動しています。
 主に津軽塗や木工を中心とした県内の工芸品及びユニバーサルデザインやプロダクト(製品)デザインに関する研究を行なっており、それに関連する展示やパッケージなどの相談にも対応しています。その他に、生活者から期待されるモノづくり・コトづくりに関する開発支援、試作支援なども行っています。

 

  

 

  


研究所の概要へ     
このページの
先頭へ戻る