希少な淡水魚

青森県の希少な淡水魚類(汽水魚)

青森県の希少な野生生物―青森県レッドデータブック(2010年 改定版)― より)

 

魚の名前(種名)をクリックすると解説を見ることができます。

カテゴリー

種名

学   名

EX

イトウ

サケ科

Hucho perryi (Brevoort)

A

シナイモツゴ

コイ科

Pseudorasbora pumila pumila Miyadi

A

ヤリタナゴ

コイ科

Tanakia lanceolata (Temminck et Schlegel)

A

タナゴ

コイ科

Acheilognathus melanogaster (Bleeker)

A

ギバチ

ギギ科

Psudobagrus tokiensis Doderlein

A

ハナカジカ

カジカ科

Cottus nozawae Snyder

B

スナヤツメ北方種

ヤツメウナギ科

Lethenteron sp.1

B

メダカ北日本集団

(2013年から標準和名:キタノメダカ)

メダカ科

Oryzias latipes subsp.

(2013年から:Oryzias sakaizumii

B

イトヨ降海型

トゲウオ科

Gasterosteus aculeatus aculeatus Linnaeus

B

トミヨ属淡水型

トゲウオ科

Pungitius pungitius Linnaeus

B

カジカ小卵型(ウツセミカジカ)

カジカ科

Cottus reinii Hilgendorf

B

カジカ中卵型

カジカ科

Cottus sp.

C

カワヤツメ

ヤツメウナギ科

Lethenteron japonicum (Martens)

C

エゾウグイ

コイ科

Tribolodon sachalinensis Nikolsky

C

シロウオ

ハゼ科

Leucopsarion petersi Hilgendorf

C

ヒモハゼ

ハゼ科

Eutaeniichthys gilli Jordan and Snyder

C

カンキョウカジカ

カジカ科

Cottus hangiongensis Mori

C

カジカ大卵型

カジカ科

Cottus pollux Gunther

D

ギンブナ

コイ科

Carrassius auratus subsp.

D

マルタウグイ

コイ科

Tribolodon brandti Dybowski)

D

アカオビシマハゼ

ハゼ科

Tridentiger thigonocephalus (Gill)

D

チチブ

ハゼ科

Tridentiger cbscurus (Temminck et Schlegel)

D

アユカケ

カジカ科

Cottus kazika Jordan et Starks

LP

アブラハヤ(大和沢川透明鱗群)

コイ科

Phoxinus lagowski steindachneri Sauvage

LP

ウグイ(宇曽利山湖の耐酸性)

コイ科

Tribolodon hakonensis (Gunther)

LP

サクラマス【通称スギノコ】(大畑川陸封型群)

サケ科

Oncorhynchus masou masou Brevoort

LP

ニシン(尾駮沼系群)

ニシン科

Clupea pallasi (Cuvier et Valenciennes)

 

 

カテゴリー定義

区分( )内は対応する環境庁カテゴリー
  基本概念
要件
絶滅野生生物 EX ランク (絶滅EX,野生絶滅EW)
   県内では、すでに絶滅したと考えられる野生生物
 過去の記録・標本等において生息・生育が確認されているが現在は県内で確認できない種
最重要希少野生生物 A ランク
(絶滅危惧ⅠA類CR,絶滅危惧ⅠB類EN)
   県内では絶滅の危機に瀕している野生生物
 生息・生育数がきわめて少なく、または、生息・生育環境も極限される種で、近い将来県内での絶滅が危惧される種
重要希少野生生物 B ランク (絶滅危惧Ⅱ類VU)
   県内では絶滅の危険が増大している野生生物
 生息・生育数がかなり少なく、生息・生育環境もかなり限られた種で、将来県内での絶滅が危惧される種
希少野生生物 C ランク (準絶滅危惧NT)
   県内では、生息・生育を存続する基盤が脆弱な野生生物
 生息・生育がかなり少なく、生息・生育環境も限られた種で現時点では直ちに絶滅危惧とする程ではないが、環境の変化によっては個体数の更なる減少が危惧され、県内での絶滅が心配される種
要調査野生生物 D ランク (情報不足DD)
   県内では生息・生育情報が不足している野生生物
 限定された生息・生育環境や低生息密度などから注目される種であるが、県内での確認例がきわめて少なく、生息・生育実態等が不明なため評価が保留されている種
地域限定希少野生種 LP ランク 
(絶滅のおそれのある地域個体群LP)
   県内では地域内に孤立している個体群で、地域レベルでの絶滅のおそれが高い野性生物
 生息・生育状況・学術的価値・生物地理学的観点から、特に保護に留意するべき地域個体群

 

 

このページの
先頭へ戻る