013_農業ICT開発部

農業ICT開発部

当部では、水田や畑の土壌改良・施肥管理に関する研究や調査を担当しています。

最近では、ブランド米の栽培管理を支援する衛星リモートセンシング技術、

ICTを利用した適切な施肥管理などの技術開発に取り組んでいます。

 

 

 

 衛星画像を利用したブランド米の適期収穫

衛星画像を利用することで、収穫時期を水田1枚ごとにきめ細かく予想できるようになりました。

「青天の霹靂」では、平成28年から、当センター開発のWebアプリを用いて、営農指導員と

生産者が適期収穫に情報を利用しています。

 

    

 

 

 

 ブランド米生産支援システム「青天ナビ」

衛星画像から推定した食味や収量などのデータを基に、「青天の霹靂」の栽培に適した水田の選定や

水田1枚ごとの施肥管理を自動でアドバイスするICTシステムです。平成31年2月から、営農指導員が

栽培指導に利用しています。

 

    

 

 

  施肥設計支援システム「施肥なび」

土壌分析結果を入力することで、土壌や堆肥含まれる肥料成分を考慮した施肥設計が、

簡単に行えるサイトです。以下のリンクから利用できます。

 

    

 

 <リンク>

  

 

 

 

 土壌の実態調査

農耕地土壌の経年変化を把握するため、県内各地で土壌調査を行っています。

調査データは、土づくりのための指導資料等に利用されています。

 

            
       土壌・土質・土性調査

 

 

ホームへ戻る

このページの
先頭へ戻る