藤坂稲作部 冷害研究資料館

冷害研究資料館


 

 冷害研究資料館の建物は農業試験場藤坂支場(当時)の旧庁舎で、昭和56年に現在の庁舎が完成するまで使われていたものです。この旧庁舎は昭和10年に藤坂稲作部の前身である農林省凶作防止試験地が設置された時に建てられたもので、当時の凶作防止試験事業の様子をうかがい知ることの出来る全国的にも貴重な建造物です。


★→冷害研究資料館チラシへ

 

■→藤坂稲作部の沿革のページへ 


<主な展示内容> 

資料館は5つの展示室に分かれ、昭和10年以来の藤坂における耐冷性水稲品種の改良試験の歴史(第一展示室)や、青森県における過去の冷害と、官民一体となった冷害防止の努力の記録(第二展示室)、昔の農家で実際に使用されていた農具や古い研究器具の展示(第三,四展示室)、試験地主任として「藤坂5号」の育成など、青森県の農業研究に偉大な業績を残した田中稔氏についての展示(第五展示室)など、青森県農業の発展と共に歩んだ藤坂稲作研究部の歴史を総合的に見ていただける展示を行っています

第一展示室

 

第二展示室


 

このページの
先頭へ戻る